×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

産声






























穴から、
兎ほどの大きさをした薔薇
色の塊が、ジェリー状の細
管を躍らせ這い出て来た。

人を逃した、セファロタス
フォリキュラリスの牢獄は
、その燃える鉄格子を虚ろ
のまま開け放ち、糸を引く
有刺鉄線を懶惰に枝垂れさ
せ敗北を示す。ライトの一
眼に光る肉体はにきにきと
生命を照り返し、十本の飼
い蚕を地面に沿わせ邁進し
ていた。爛熟と新鮮とを兼
ねたいびつな頭部は果実か膿瘍か、悪意
を秘めて鈍く円転する。赤いジャム
を塗られた瞼は閉ざされ、
吊り上げられた眉間と垂れ
下がった目尻が模っている
のは殆ど悲愴に近い恍惚だ

口腔
には
粘膜
が張られ、餌を求める水面
の魚を真似て開閉を繰り返
しているが、言葉が発せら
れることは決して無い。時
折取り憑かれたような硬直
と痙攣とを見せるが、肉を
刺す千の針の痛みを堪える
様子は、凝縮した嵐が中で
渦巻き暴れているようでも
あった。腹部から伸びてい
る一本の蔦が、閉じ込めた
氾濫に煩悶している。主人
、或いは従僕の喪失に、灰
桃色の花弁を飛散させては













地下室には巨大なアンプリファイアーがあった。

          凛冽さをもつ沈黙で燦々と闇を輝かせ、
 一滴の慰みすら含まない視線が運動を瞬間凍りつかせるが、
    四肢は奪い合うようにしてコンクリートの床を走り、
         青黒に濡れて汚らしく垂涎するダクトは、
      掠れた呼気を吐き付けている唇へと突き刺さる。








眼が開いた、世界を見た、ステージの上だった、地下室には観客が犇いていた、殺意のような光が飛び交っていた、両の腕が膜を突き破った、咽喉を内側から掻き毟った、真赤な叫びが鋭利な金属片となって散らばった、狂熱と激情とが錯綜し密生する六面体が揺れた、これが声これが音これが歌これが振動、肉体が新生の悦びに打ち震え、慄き漲り迸って爆ぜた。








































back