×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

(literature in)
lolita
as literature






























・横断歩道が続いている。長い前髪と、左眼を覆う眼帯が、踏切、ビル、標識、バス停、薄青い街の線を、靡かせている。
・白いワンピースを纏った少女が、呼吸器を外して歌い始めた。信号が変わった。



      閉じる。風とブ
      ックマーカー、
      あたらしい、痕



     包帯の端をくわえて
     、鳥。白血球が微笑
     のまま固まっている



    ベッドの翳でひしめいて
    いた夜の残滓が、蒸発す
    るから。ナース、コール



   病室のシーツ。だれも、なに
   も教えない。遠鳴りするスト
   レッチャー、点滴のおちる音



  侵食してくるインクの潦に、追い
  つめられた文字が、ちいさな手を
  のばしながら、すくいをもとめて



 つめたい融解、ゆりかごの。タイトル
 は、すでに闇が連れ去っている。陽を
 、うけながら。燃えるように、凍える



・点滅する青。哲学書の表紙のような、誰も泳いでいない水へ潜って、嘘を吐く。人間は、体温を失くすと死ぬ。
・赤になる。逃げ惑った大人たちの顔が次々に落下していく。身体だけ残った者たちは、前後に、左右に、ゆれながら、無言の叫びを完成させていく。
・両腕の傷が酸素を欲しがって甘えている。滴るピンク、少女は駆けて、アスファルトに描かれる別れを見送り、海へ向かった。



「世界中が、よんでいる」
 きよらかな金属、いとけない殺意、めくれかえるイコライザー



「からだの、なか」
 胎動する熱、ぬれた真空管、エフェクターとしての純潔



「やぶいて、はいって、つきうごいて」
 ひろがるトレモロの波紋、電気信号のゼリー、いたいけな過呼吸



「わたし、文学に、おかされている」








































back