×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クラゲチアノーゼ






























スクリーンの少女が吐き続けている青いゼリーを唯一の光源とした地下室の底を 全身の血を逆流させるようなシンセサイザーの息づかいが 脈々と這い擦っている 水槽に閉じこめられたおまえは ガラスの壁を両手でひっかいて 雨降りの真似をしながら シーツの上で冷たくなった熱帯魚の瞳が反射する無声映画のブロックノイズに怯えている おれは火のついていない煙草を咥えたまま 視線を合わせてくれないスクリーンの少女を見つめていた ときどき黒髪をはりつかせた頬を弛緩させ 吐瀉物だらけの唇で何かを囁いているが 字幕は出ない 眠ることと 海の底へ沈むこととの相違について考える シンセサイザーに酸素を奪われ 呼吸を止めてみたい このまま地下室の水位が上がる前に 死に方を探さなければならなかった おまえは耳を塞げば自分を殺せると信じているのだろう そうやって救いを求めるふりをして 傷つきたがっていればいい もう安心して 不安になれるのだから 鍵盤を濡らしていたクラゲたちをおまえのいる水槽へ返し ライターを手に取る おれはこの煙草が燃え尽きるより先に おまえがクラゲの触手で首を絞めて死ぬことを期待している おまえはクラゲにまみれた裸体で水槽の底を這い擦っている スクリーンの少女は未だ 青いゼリーを吐き続けている







































back