×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

破瓜トランス






























横断歩道が続いている 長い前髪と 左眼を覆う眼帯が 踏切 ビル 標識 バス停 薄青い街の線を靡かせている白いワンピースを纏った少女が呼吸器を外して歌い始めた 信号が変わった 包帯の端をくわえたカラスが戦闘機のようにして飛んでいくのを仰ぐ文庫本を開く 白血球のささやきが ベッドの下でひしめいていたテキストを蒸発させ シンセサイザーに水を喰わせる 遠鳴りするストレッチャー点滴の落ちる音 侵食してくるインクの潦に追い詰められた文字が 小さな手を伸ばしながら救いを求めているが ナースコールには届かない冷たい融解が始まる 不誠実なタイトルが 陽をうけながら燃えるように凍えていた 点滅する青 哲学書の表紙のような 誰も泳いでいない水へ潜って嘘を吐く 人間は体温を失くすと死ぬ 赤になる 逃げ惑った大人たちの顔が次々に落下していく 身体だけ残った者たちは 無言の叫びを完成させると揺れ続け 震え続け 散り散りになって消えていった 両腕の傷が酸素を欲しがって甘えている 少女は駆けて アスファルトに描かれる別れを見送り海へ向かった 世界中が呼んでいる きよらかな金属と いとけない殺意 濡れた真空管は 胎動する熱を反転させ電気信号のゼリーを通して真白い過呼吸を引き起こす 突き破る 透き通らない ターンテーブルが回転している わたしは文学に犯されている








































back